アロマオイルとはなに?

オイルの成分

アロマセラピーに使われるアロマオイルは植物から出来ています。
ですが一言に植物と言っても色々あります。
なので詳しくどんな成分から出来ているのかを理解している人は少ないのではないでしょうか?
アロマオイルには種類があり植物や樹脂から有効成分を取りだした物を一般的にアロマオイルと呼ばれている物で重度100パーセントの物になるとエッセンシャルオイルと呼ばれる物になります。
エッセンシャルオイルはたくさんの植物のオイルを使っているため値段も結構高額になっています。
ですがその分効果もしっかりしているため勝って損をする事はないでしょう。
逆に安い物は植物のオイル以外に石油などの別の物も入っている可能性があるため注意が必要です。

アロマオイルの効果は?

アロマオイルには様々な植物の成分が含まれています。
そのためアロマオイルには様々な効果が含まれています。
ここではそんなアロマオイルの効果を簡単にではありますが解説させて頂こうと思います。
アロマオイルには癒やし効果があると言った事はなんとなく知って居る方は居ると思います。
ですが実は効果はそれだけではありません。
アロマオイルには癒やし効果以外にも血液やリンパの流れを良くすることでむくみなどをとれると言った効果があります。
なのでアロママッサージはコレを体に直接塗り込む事でむくみを取る効果と癒やしの効果の二重の効果があります。
更にオイルの成分となっている植物を変える事でもっと別の効果を与える事が出来ます。


この記事をシェアする
▲トップへ戻る